練習の「質」を上げる為に、1歩踏み出して「行動する」。

未分類

Japan Kicking Academyの櫻井です。

今回はキック技術の話ではなく、「どう行動すれば、キックが上手くなるか」についてお伝えしたいと思います。

当たり前のことですが、何かを上達させる為には、

  • 練習の「量」を増やす。
  • 練習の「質」を上げる。

のどちらかしかありません。

練習の「量」に関しても超重要ですが、根性と忍耐力さえあれば、誰でも何とかなります。
しかし練習の量を増やしても、「質」が伴わない限り、成長スピードは遅くなります。

では練習の「質」はどうすれば上がるのでしょうか?

  1. 質を上げるに、練習の目的を持つ。
  2. 目的を持つ為に、知識を得る。
  3. 知識を得る為に、行動する。

この3つの流れが必要です。

①練習の「目的」を持つ。

質を上げる為には、毎回の練習に「目的」を持って臨むことが大切です。
「今日の練習では何を意識するのか」を決め、それを1本1本意識して練習することで、

何となく練習して、何となく上手くいっても再現性がありません。
上手くいかない場合にも、何が悪いのか分からず、「失敗から学ぶ」ことが出来ません。

もちろん量をこなしていく中で、新たな発見が生まれることもありますが、
目的を持って課題を1つ1つクリアしていくことが、上達への近道になります。

②「目的」を持つ為には「知識」を得る。

ただ、目的を持つ為には、その前提として「知識」が必要です。

  • 自分はどんなキッカーになりたいのか。
  • そのためにはどんな力が必要で、いま何が課題なのか。
  • そしてそれをどんな順番でやっていけば、良いのか。

という知識が無い限り、練習の目的を持つことを出来ません。

③「知識」を得る為に、「行動」する。

そして「知識を得るため」には、自分が「行動」しないといけません。
ここが今回最もお伝えしたかったポイントです。

まずすぐにでも出来る行動として、

  • 練習のビデオを見て、自分なりに分析する。
  • Youtube等を見て、良いキッカーと自分のキックを比較する。

ただ、自分だけでは客観的な分析をすることはなかなか難しいですし、動画を分析するにもそもそも専門知識が無ければ「どこが悪いのか」が分からないと思います。ここが多くの選手がつまづいている部分ではないでしょうか?

知識を得るにはもう一歩踏み出す必要があります。それは「自分より詳しい人に教えてもらう」ことです。これがいちばん早い。

例えば、

  • JKAのレッスンを受ける。
  • 自分が憧れるキッカーに直接連絡してアドバイスを貰う。
  • 監督やコーチにお願いして、Xリーグのチームに武者修行させてもらう。

また、レベルが上がってきたら、

  • アメリカに行って本場のキッカーと練習する。
  • 共通点のある他競技の選手からも学ぶ。
  • ビジネス書などを読んで、「目標設定」「目標管理」の方法そのものを学ぶ。

など、自分次第で出来る行動は、考えればいろいろあります。

その行動の妨げになっているのは、何なのでしょうか。
それは「失敗を見られるのが、恥ずかしい」「自分何かが質問してもいいのかな」という気持ちだけではないでしょうか?

1歩踏み出して行動すると世界が変わります。上手くなりたければ、とにかく勇気を出して行動に移してみましょう!

Japan Kicking Academyは「上手くなりたい」という気持ちを持った選手であれば、現時点でのレベルは全く問わず、いつでもウェルカムですので、ぜひお気軽にご連絡ください!!

【まとめ・練習の質を上げる為には?】
①練習の「目的」を持つ。
②「目的」を持つ為に、「知識」を得る。
③「知識」を得る為に、「行動」する。

***

JKAのサービス一覧

現在、JKAではSNSやメルマガで様々なコンテンツを配信しています!!
また、出張レッスンやオンラインでのレッスンも、いままで以上に拡大していく予定です!!

もちろんチーム練習との兼ね合いや、コスト的な問題などもありますが、チーム事情などに合わせて柔軟に対応いたしますので、まずご相談ください!!