「メンタル」の前に「〇〇〇〇メンタル」を

JKAの活動

一番多い質問は、、、

こんにちは!

Japan Kicking Academy

代表の丸田です。

フリーランスコーチをやっていると、

ありがたい事にいろんなチームの

選手やコーチの方と接する機会があります。

いく先々で、

多くの質問やお悩みの相談を頂きます。

選手からの質問で

ぶっちぎりで一番多いのは、、

「どうやったらキックやパントの
飛距離が出ますか?」

でた!!

わかるけど!

すごい気持ちわかるけど!

自分が蹴ったボールが
遠くに飛んでいくと
とにかく爽快なんですよね笑

そもそも、
「飛距離だけ伸びてどうする?」

という疑問がありますが、

この点においては
YouTubeで解説していくとして、、
(チャンネル登録お願いしますね!)

コーチの方が決まって言うのが、、、

今回お話したいのは、

コーチの方からのご相談で一番多い

「ウチのキッカーメンタル弱くて、
大事なところでキック外すんですよ、
どうしたらメンタル強くなりますか??」

というもの。

たしかに、

キッカー(パンターも含みますが以下略)

のパフォーマンスは、

メンタルと非常に深い関係が

あるという事に違いはありません。

ですが、僕はこの「メンタル」という言葉を聞くと、

「ピコピコーーーン」と

コーチ魂センサーが反応するんですよね。


コーチ魂センサー

そんな時、いつも心の中で思ってるのは

「このチームの状況、かなりマズイぞ!」

という事です。

なぜか?というと

99.9%の確率でそんなケースは

原因が「メンタルが弱い」

ではありません!

では何かと言うと、、

「基礎力(ファンダメンタル)が足りない」

なんですね。

共感してくれた前田選手

断言します!

あなたのチームのキッカーが結果が出ないのは

この3つの内のどれかが原因です。

  1. 基礎が定着していない
  2. そもそも基礎が何かわかっていない
  3. チームのみんなからのプレッシャーと責任感でキックどころじゃない

メンタルという前にファンダメンタルを

なので僕は声高らかに、

「メンタルという前にファンダメンタルを」

と日本全国のコーチの方々にお伝えしたい

ファンダメンタルは

いわば「何をやるか?」という具体的な部分。

「なんとなく」でやっていると

必ず壁はやってきます。

あなたのチームのキッカーは

「そのキックを決めるために

具体的に何をやっていいかわからない」わけです。

「なにをやっていいかわかない」選手が

「チームの勝敗を左右するキックを任される」

って、

「お笑い芸人養成所に
入ってきたばかりのど素人」

に対して

「はい、M-1で漫才やって!」

って言ってるようなもんですよ、、、

足はガクガク、

心臓はバックバク

するはずです。

改めて考えると、

メンタルが正常な方がおかしいですよね?

はい、パフォーマンスが上がるわけないです

しまいには、失敗した後に
チームメイトやコーチに

「お前はメンタルが弱い!」

って言われてしまう。

チーム内でいじめにも発展しかねない

この一連の流れが加速していくと

チーム内でいじめのような

状況に発展していきます。

実際に今までに

「チームメイトに死ねと言われた」

といって相談にくる選手もいました。

確かに、キッカーは責任ある

ポジションですよ。

プレッシャーをはねのけてチームを勝たせる

そこに醍醐味がある。

しかし、こんな状況が横行していては

選手も人間的に成長しない、

アメフトは嫌いになる、

チームは負ける

最悪ですよね。

そんな日本のアメフト界を変える!という想いでつくりました

そこで

「日本全国の悩めるキッカーとチーム救いたい」

「これで日本のアメフト界を変える!」

という想いのもと、

Japan Kicking Academyは総力を挙げて

こんなものをリリースしました!

はい、こちら!

日本初のキッカーパンターの為の動画教材

【Kicking Punting Fundamentals】です

4月の上旬に発売したこの動画教材、

僕の予想以上の勢いで

日本全国のチームに広がっています。

現在、累計70本以上ご購入頂いています。

この動画教材、

データでのお渡しになりますので、

・チーム内なら誰でも共有し放題

・いつでもどこでもスマホから観れる

・チームの財産として代々受け継げる

というかなり便利なものとなっています。

もし、あなたのチームにまだないのであれば是非

Getしてみてくださいね!

「メンタル」の前に「ファンダメンタル」を

 動画教材の詳細はこちらから!