JKA プロフィール

JKAの活動

Japan Kicking Academy プロフィール

こんにちは!
Japan Kicking Academy代表の丸田喬仁(まるたたかひと)です!

私は、2014年にプレイヤーを引退後、
NFLへの挑戦をするなかで培った、
「世界最高峰のボールを蹴る技術」

を日本全国の様々な選手やコーチに広める活動を行なっています。

丸田 喬仁 プロフィール


この「Japan Kicking Academy」のサイトを訪れて頂き、
ありがとうございます!

ここでは、自己紹介をさせて頂きます!


  1. アメフトにはボール蹴るだけの専門のポジションがある!
  2. 私が学生歴代一位の記録を樹立できたわけ
  3. NFL(アメリカプロリーグ)挑戦
  4. 「Japan Kicking Academy」発足
  5. 米国団体との提携 「世界最高峰の技術」
  6. 現在の主な活動

ボール蹴るだけのポジション スペシャリスト

みなさんは、
アメフトといったら何をイメージをしますか?

ガツガツ身体をぶつけ合うイメージのアメフトですが、
全く身体を当てない

「ボールを蹴るだけ」のポジションがあります!


top

Kicker(キッカー)
:地に置かれたボールを蹴って得点(3点)を狙う。
試合開始時のキックオフにも登場。

punte Japan Kicking Academy

Punter(パンター)
:手に持ったボールを高く遠くに蹴り上げて陣地を挽回させる。


専門性の高いアメフトのポジションのなかでも

特に専門性の高いポジションの彼らのことを

Specialist :スペシャリスト と呼びます

私たちJapan Kicking Academyは

このスペシャリストを
育成・指導する団体です。

なぜ私たちがこの活動をしているのか?次の章でお話しします。

私が学生歴代一位の記録を樹立できたわけ

私は、法政大学在籍していた時に1シーズンのうちにボールを蹴って「63点」という得点を稼ぎ出しました。
これは今も破られていない、

「歴代一位記録」

として残っています。

「どうだ、すごいだろう!」と言いたいわけでもなく、

皆さんにお伝えしたいのは、
私がこの記録を樹立できたわけがあるということです

その理由とは…

私には、

コーチがいたから」です

運命の巡り合わせで、私が最終学年の4年生を迎えるときに
その方はコーチとして法政大学に合流することになりました。


それまで、

「何が正解かわからない…」

と悩んで

「試合のプレッシャーが怖い…」

と思った事もありました。

ですが!コーチに教わるようになってから

技術的にも精神的にも
不安から解放されました!!

それから、試合でのパフォーマンスは抜群に良くなり、

気づいたら、「1シーズンの総得点数で歴代一位の記録」を樹立していました

なにより、コーチがいることで

自分が成長している実感を
得る事ができました!

NFL(アメリカプロリーグ)挑戦

コーチの指導によって個人的には良い成績が残せた私は、その後普通のサラリーマンになりました。

激務と言われる会社で新入社員として仕事を覚える日々を暮らしていました。

でも、心の中に一つ残っていた気持ちがありました。

「プロのキッカーになりたい!」

大学の最後の一年で急上昇した能力をどこまで伸ばせるんだろう?

大好きなキックで1番になりたい

そんな気持ちでいっぱいになりました。

いつしかどうしても湧き上がるワクワクが止められなくなり、会社を辞め、

アメリカに渡りアメフトの最高峰「NFL」を目指す事を決めました!

2012~2015年にかけて、NFL含めアリーナフットボールなどの

プロリーグのトライアウトを受けてまわりました。

日本の時とは違い、アメリカではコーチをつけずに

練習している背後から動画を撮って、それを分析して

「どうすればボールを
遠くに正確に蹴れるのか?」

「どういう感覚で蹴れば結果に
どういう影響が出るのか?」

自分で技術の研究をしていました。

その研究の日々は非常に有意義な時間でしたが、

結局私の挑戦は失敗に終わりました…

実際に、この時期に見出したテクニックに対しての成果は

今の指導法の基礎となっていますし、

現役のNFLプレイヤーが実践している事
と共通する事が多くあります。

しかし、なぜ挑戦は失敗に終わったかと今になって考えると

「1人では成長するスピードが限定的」

だったのです。

そして、日本に帰ってきた私は1人の同士と新たな挑戦を始める事になります。

「Japan Kicking Academy」発足

その同士とは、同い年で同じように本場NFLにチャレンジしていた

櫻井義孝 (現JKA 共同代表)です

彼は、挑戦中、何度もNFLのスカウトの前でトライアウトを経験していました。

素晴らしい才能の持ち主です。

今までで彼ほどのセンスを持ち合わせている選手は見たことがありません。

(2012・2014 NFL Super Regional Combine参加)

櫻井の挑戦と私の挑戦で一番異なっていた点は

「アメリカ滞在中にコーチがいた事」

櫻井は、サンディエゴにて元NFL選手のMichael Hustedコーチの元で修行し、本場のキックを学んでいました。

その、ノウハウを吸収した櫻井と
 1人で孤独に研究を続けていた丸田が

タッグを組んで

「Japan Kicking Academy」

を結成しました。

目的は当初

  • 「日本人初のNFLプレイヤーの輩出」
  • アメフトのボールの蹴る技術を日本中に伝える

の2点でした。

結成を機に私は、日本全国どこでも呼ばれれば飛んでいく

スペシャリストの技術特化型のコーチ

として数多くの選手の成長に携わることになっていきました。

この日本初のアカデミーは日本のアメフトの団体の中で画期的な仕組みで活動していくことになります

米国団体との提携 「世界最高峰の技術」

その画期的な仕組みとは…

「Michael Hustedコーチの指導団体との技術提携」

です。

MichaelコーチはNFLプレイヤーを数多く輩出している

アメリカ有数のコーチです


門下生NFLプレイヤー(一部)

  • Jason Myers(Seattle Seahawks 2018 pro bowl)
  • Giorgio Tavecchio(元Atlanta Falcons)
  • Jake bailey(New England)
  • Billy Cundiff(元Bills,Ravens,Jets,Cowboys)​ 
  • Nick Novak(XFL LA Wildcats)
Jason Myers選手と代表丸田

その中でもNFLのオールスター「プロボウル」に選出されるプレイヤーが在籍しています。

つまり、

「世界最高峰の技術」
を日本にお届けできることになりました!!

Japan Kicking Academyの教える技術はNFLプレイヤーも実践している

「世界最高峰の技術」です!

現在の主な活動

現在は日本中を駆け回って

スペシャリストの技術指導を行っています。

指導させていただく内容は

  • チームレッスン
  • プレイベートレッスン
  • オンラインレッスン

が主なものになっています。

そのほかにも、

キッキングキャンプの主催
(クリニック活動)

を行っています!

私たちJapan Kicking Academyは

「上手くなりたい!」

「今の自分を変えたい!」

と思っている選手

「スペシャリストの指導法がわからない」

「勝敗を決めるスペシャリストをなんとかしたい」

と思っているチームの指導者の方

の味方です!!

スペシャリストの育成は
私たちにおまかせください!

お申し込みはこちらのフォームから
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

https://forms.gle/jbinp4KdTcNqZeFC6

〈e-mail〉
japankickingacademy@gmail.com

日本全国どこでも行きます!!

ジャパンキッキングアカデミーロゴ

指導実績

<社会人>

IBM BIGBLUE:佐藤敏基選手、エレコム神戸ファイニーズ:山﨑丈路選手、ノジマ相模原ライズ:鈴木健太選手、電通キャタピラーズ、ブルズ

<大学>

法政大学、中央大学、近畿大学、関西大学、明治大学、明治学院大学、上智大学、学習院大学、横浜市立大学、名古屋大学、愛知大学、京都大学

<高校生>

日大鶴ヶ丘高校、法政大学第二高校、神奈川県立舞岡高校、神奈川県立鎌倉高校、立命館宇治高校、神奈川県高校生向けクリニック